対策方法を調べておこう

マスクをして過ごそう

空気が乾燥している時期は、喉も乾燥しやすくなるので気を付けましょう。
扁桃腺が腫れていることに気づいたら、マスクを付けて生活を送ってください。
すると口内や、喉が乾燥することを防げます。
さらに帰宅したら、うがいをすることも大事です。
水分を補給して、直接喉に潤いを与えることを心がけてください。
特に冬になると寒くなるので、水分補給を忘れる人が増えます。

しかし身体の中は乾燥していて、扁桃腺の腫れに繋がるので意識して水分を摂取しなければいけません。
外出する際も水やお茶を、常に持ち歩くと良いでしょう。
また暖房器具を使っていると、室内が乾燥しやすいです。
暖房を使う際は同時に加湿器を稼働させて、室内が潤うように工夫してください。

しっかり殺菌する

バイ菌が喉に侵入していることが、扁桃腺が腫れる原因かもしれません。
その場合は殺菌して、バイ菌を排除しなければ治療できません。
おすすめはうがい薬や、殺菌スプレーなどを使うことです。
水だけでうがいするよりも、きちんとうがい薬を使った方が効果を倍増させられます。
殺菌スプレーは、持ち運びができるようにコンパクトな形状のものが多いです。

ですから、外出する時も荷物にならずに済むでしょう。
喉の違和感が気になったら、すぐ殺菌スプレーを使ってください。
殺菌スプレーは、子供用もあります。
それはイチゴなどの味が付けられているので、子供でも抵抗を感じずに使用できるでしょう。
そのような道具を使って、家族で喉のケアを行ってください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ